巻き爪ロボの効果!動画のように広がらない場合は何が原因?

巻き爪ロボの効果!動画のように広がらない場合何が原因となっているの??

巻き爪ロボを購入して実際試してみると、
動画のように広がらず、ちょっとしか広がらなかった。

 

という経験をする方がいるかと思います。
何を隠そう私がそうでした。

 

そこで、何か使い方が間違っているのか?
気になったので、ファインハーツさんに電話して聞いてみました。

 

すると、原因は2種類ありました。

 

一つは、水虫爪の場合
爪が水虫になっていると、白くなったり
変色したり、白い縦筋が入ったりするそうなのですが、

 

こういった爪に巻き爪ロボを使用すると、
動画のように広がらないことがあるそうです。

 

 

私は、爪水虫ではないので、この原因ではなかったですが、

 

 

もう一つの原因として、
十分に爪が軟化されていない。
ということが挙げられます。

 

 

爪が十分に軟化していないと、
巻き爪ロボで爪を持ち上げたとき、
あまり広がってない状態にもかかわらず、
爪がはがれるような痛みが走ります。

 

説明では20分間お湯につけるとなっていますが、
一般的な時間で、

 

これでは足りない爪というのは、
分厚い爪、もしくは健康的な爪(丈夫な爪)の場合に、
20分間の足湯では軟化が進まないことがあるそうです。

 

軟化させるためにはどうしたらいいのか?

20分間で足りないということなので、
さらに10分、20分、長く足湯をします。

 

私の場合、50分程度足湯をしてみました。
20分間の足湯とは全く違い、動画のような広がりが
ありました。

 

もちろんこのときは、はがれるような痛みはありませんでした。

 

なので、動画のように広がらないと感じた場合、
もしくは、矯正中に痛みがある場合は、
爪の軟化がうまくできていない状態かもしれません。

 

その場合は、足湯時間を長くしてみましょう。

 

また、軟化を促進させるためには、
38〜42℃程度でお湯の温度を保ってた方が
軟化は進みやすいです。

 

足湯をする環境にもよると思いますが、
私の場合、ふろおけにお湯をためてしたので、
温度が下がるたびに、熱いお湯を入れて、
温度が38〜42℃あたりで収まるように、
調節していました。

 

広がりが物足りないと感じた場合は、
是非足湯の時間を延ばしてみてください。

巻き爪ロボ