巻き爪ロボはどんな巻き爪にも使えるの?

巻き爪ロボはどんな巻き爪にも使えるの?

巻き爪ロボは基本的にはどんな巻き爪にも
対応して使用することができますが、

 

器具の構造上難しい巻き爪というのも
出てきます。

 

その巻き爪というのは、
水虫で爪が変形してしまっている場合です。

 

大体の水虫爪は、もろく崩れやすい爪に
なってしまい、フックをかけるところがあっても、
かけることができなかったり、
変形が極端な場合、フックをかけること自体
難しいということがあります。

 

爪水虫の方は、巻き爪ロボで巻き爪を治すよりも
先に、水虫の治療を行わないと、
再び爪が変形していきますので、
原因を取り除かなければ、再度巻き爪になっていきます。

 

重度すぎる巻き爪

重度すぎる巻き爪の場合フックをひっかける
隙間がない可能性があります。

 

フックをかけることができなければ、
巻き爪矯正を行うことができませんので、

 

巻き爪ロボの使用は難しいでしょう。

 

巻き爪ロボはどんな巻き爪にも使えるの?

 

フックというのはこの部分です。

 

爪が深爪になっている

 

爪が深爪になっている場合も、
フックをひっかけることができない可能性があります。
その場合は、いったん爪を伸ばす必要があります。

 

多くの人が過ちを犯しているのですが、
爪が食い込んで痛いから、その部分の爪を切ってしまう。
切ると痛みは落ち着くけど、爪が伸びてくると
また痛くなるの繰り返し。

 

この状態は、非常に悪い状態で、いったん爪を深く切ってしまうと、
爪の丸くなろうとする性質により
巻き具合が悪化する可能性が高くなってしまいます。

 

なので、爪は切らずに伸ばすことが大切なのです。

 

 

伸ばし方は、ただ爪の橋を切らないことです。
この切り方をスクエアカットというのですが、

 

爪の先端は1〜2mm程度白い部分が見えるように残し、
角は切らないように、皮膚から見て水平に切るようにします。

 

ある程度伸びてくると、フックをかける隙間ができますので、
その時に巻き爪ロボで一気に矯正を行っていきましょう。

 

すると、今までの痛みや巻き爪に悩まされていたことが
嘘のように、治るかと思いますよ。

 

巻き爪ロボが使用できない巻き爪というのは、

  • 水虫爪
  • フックをかける隙間のない重度すぎる巻き爪
  • フックをかける余裕のないくらい深爪

この3つの巻き爪には、巻き爪ロボを使用することは
難しいかと思います。

 

深爪に関しては、1月くらいで改善されるので、
深爪の方は巻き爪ロボを購入しておいて、
伸びるのを待つから、伸びてから購入してもよいでしょう。

 

伸ばしている間痛みがある場合は、
安価な矯正グッズを装着しておくか、

 

爪と皮膚の間にティッシュやこよりもはさんでおく、
あるいは、食い込んでいる部分の皮膚をテーピングで
下に引っ張って固定しておくと、
痛みは和らぎますよ。

巻き爪ロボ