巻き爪ロボは本当に30分で矯正できるのか?

巻き爪ロボは本当に30分で矯正できるのか?

公式サイトでも動画でもたった30分で矯正できる
として紹介されている巻き爪ロボ。

 

本当にたった30分で矯正ができてしまうのでしょうか?

 

私自身購入して試してみた結果を紹介いたします。

 

まず、公式サイトに書いてあるように
巻き爪ロボを装着して足湯を20分。

 

そこからさらにねじ巻いて矯正をかけた状態で
ドライヤーで10分間。

 

実際にやってみました。

 

するとたったの30分で
たしかに今までにないくらい矯正されました。

 

巻き爪ロボは本当に30分で矯正できるのか?

 

巻き爪ロボは本当に30分で矯正できるのか?

 

こんな感じですね。

 

でも、広がったものの画像を見てもちょっとですよね?

 

 

公式サイトの動画のような広がり方はしませんでした。
矯正をかけるときに、爪がはがれる痛みがあったし、
はじめはこんなものかなって思ってたんですけど、

 

動画のような広がりを期待していたので、
何かやり方が間違っていた??

 

と思って、さっそく問い合わせしてみました。
すると、爪は個人個人それぞれ、形や厚さなどの
状態が違うため、お湯につけて爪が柔らかくなる時間が違うとのこと。

 

通常しっかりとお湯につけて
柔らかくしたら矯正をかけても
はがれる痛みはないとのこと。

 

つまり、私の場合は爪が厚いのか、頑丈だったのか
20分では足りなかったようです。

 

で、2回目に行うときは、
足湯を20分でなくその倍の40分程度行なってみました。

 

すると、足湯後に矯正をかける前からすでに、
かなりの広がりを見せていて、(巻き爪ロボは足湯してるときも
ちょっとずつ矯正がかかる仕組みになっています)

 

さらにそこから矯正をかけて、乾燥させてみたところ
本当に動画のような広がりを見せてくれました。

 

それが、このホームページのトップページの写真になります。

 

私は両足が巻き爪で、最初左足で試したのですが、
連続で行うのが怖かったため、
2回目は右足で行なったためトップページの写真は
右足になってます。

 

結論

結論を言うと、通常は足湯20分、乾燥10分の
合計30分でかなりの広がりを見せるので、
30分で矯正ができるというのは本当です。

 

でも、私のように人によっては爪が厚い、頑丈
という個人差があるため、
足湯を長くする必要があるということ。

 

なので、そういった人の場合は、30分ではなく
足湯時間が長くなるため、
50分程度で巻き爪の矯正が完了するということですね。

 

で、巻き爪の矯正がちゃんとできるのかっていう部分は、
本当です!!

 

私は皮膚科に行って、VHO矯正やマチワイヤー矯正、
ネイルサロンにいってB/Sスパンゲなど様々な矯正を
行なって失敗してきましたが、

 

この巻き爪ロボはこんな短期間で、ここまで矯正が
できるということで、正直感動すら覚えました。

 

巻き爪で悩まれている方は、試してみるといいですよ!!
いろんな矯正を試し続けるより、安くなると思いますよ。

巻き爪ロボ